「卓球あるある」50選 その②

 

卓球あるある50選の第2弾です(合わせて100選)。

 

それでは、どうぞ。


 

卓球あるある50選!

 

〇1ゲームに3回ネットインした時の気まずさ

 

〇親が試合を観に来ていると実力が発揮できない

〇プレー中の写真はだいたい変な顔

〇スマッシュして決まったと思って声を出したが返されて慌てる

〇3スターが割れた時の絶望感

〇カットマンと練習する時はちょっと台を動かす

〇戦術の大切さは十分に理解しているが、実際に戦術を練って試合に挑んだ試しがない

〇視力がいい奴に遠くのコートの得点を教えてもらう

〇サイドテープの粘着力が弱って端の方がペロンペロンになり、試合中に何度もくっ付ける奴

〇強い選手は親が卓球経験者である場合が多い

〇「ネット」と言うと「レットね」と訂正する奴

〇弱いダブルスペアはサインが単純

〇サービスする時に舌がちょっと出ている奴

〇粒高をイボと言う

〇ペンからシェークに変える奴はいるが、シェークからペンに変える奴はいない

〇サービスがうまい選手に負けたら「あいつはサービスだけ」と悪態をつく

〇素人がミスった時に、台にラケットをぶつけて悔しがっているのを見ると腹が立つ

〇結局、ロビングを上げる練習が1番楽しい

〇とてつもなく変なフォームのくせに、なぜかめちゃくちゃ強い奴

〇ゼッケンを付けてあげたとき、「付け直して」と言われるとちょっと悲しい

〇試合開始後の第1球目でいきなりサービスミスしたときの悲しさ

〇多くの練習球の中から3スターを発見するとちょっとテンションが上がる

〇思ったより卓球用具の値段が高くてショックを受ける中学1年の春

〇球拾いの時、ロビングをしている選手の手前でラリーが終わるのを待つ

〇内気な性格で「半面借りてもいいですか?」と言い出せない

〇典型的な「手打ち」なのになぜか強い奴

 

〇試合会場まで自転車で行くだけでバテバテな奴

〇素振りをしているところを家族に見られて笑われる

〇部内に1人はめちゃくちゃ面白い顔の奴がいる

〇隣のコートから飛んできた球を拾ってラケットで打って渡そうとしたら、とんでもない方向に飛んでいく

〇多球練習のとき、球出しをしている人の顔面にスマッシュを当ててしまい、一瞬気まずくなる

〇攻撃が8割なのに、自分はカットマンだと言い張る奴

〇卓球選手の形態模写がうまい奴に限って実力がない

〇自分の家に卓球台がある部員が1人はいる

〇部内に1人はめちゃくちゃ小さい奴がいる

〇口の中にボールを入れて飛ばしてみる

〇副顧問は卓球のルールすら知らない

〇温泉卓球でちょっと本気を出した瞬間、スリッパで足を滑らせる

〇お兄ちゃんが卓球部だと弟も卓球部に入る確率が高い

〇美人マネージャーどころか、マネージャーそのものがいない

〇出場を決めた全国大会が地元開催だったとき、ホームで戦えることを喜ぶのが強豪校、ちょっと損した気分になっているのが二流校

〇セパレートタイプの卓球台を1人でたたもうとして「ベリッ」という鈍い音がする

〇カーテンに向けてサービス練習をする

〇練習の最後に「ラスト1本!」と言って、1本で終わった試しがない

〇粉ポカリを作って持ってくる奴は間違いなく弱い

〇ハチマキを巻いている選手は大抵ボウズ

〇顧問が鬼監督だったときの「卓球部なのに何で……」という絶望感

〇初心者の中学1年生部員は、とりあえず「ラバー付きラケット」を買う

〇ラバー付きラケットを先輩にけなされた時の新入部員の悲しさ

〇高度な卓球理論を語れるが実践できない奴

 

【関連記事】
「卓球あるある」50選
「卓球あるある」50選 その③
「卓球あるある」50選 その④(合計200選)
「卓球あるある」50選 その⑤(合計250選)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。