大注目のフォア変化系カットマン ~個性的な戦型でトップ選手になるということ~

 

卓球はいろんな用具の組み合わせによって戦型のパターンがいくつもできるんだけれど、現在の主流はシェーク裏裏なので、ほとんどの人がその戦型に落ちつく。

「なんちゅうプレースタイルや」と驚かされるトリッキーな戦型の選手もたまにいるが、それはあくまで一般の卓球愛好家レベルの話であって、トップレベルではそのような戦型で活躍することは難しいと言わざるを得ない。

そんな中で、いまジュニア世代で注目の相馬夢乃選手(新発田ジュニア)というカットマンがいる。

【相馬選手の主な成績】
アジアジュニア選手権大会・カデット女子シングルス:優勝
全日本カデット14歳以下:準優勝(2016年)
全中3位(2016年)

最近はジュニア世代の日本代表として世界の舞台で戦うことも増えてきており、将来を有望視されているカットマンであると言える。

で、相馬選手の何が注目かと言うと、ずばりその戦型である。
相馬選手は、フォアが変化系ラバーでバックが裏ソフトという珍しいスタイルなのである。
カットマンというだけでも十分に個性的だけれど、フォアが変化系ラバーのカットマンというのは相当な個性派だ。

王国のゆうさんの情報によると、フォアは「カールPー2(特薄)」というラバーだそうで、これはもともとは粒高ラバーだったんだけれど、ITTFの粒形状規格が変わってからは「表ソフト」として再登録されたラバーだそうで、つまり現在は限りなく粒高に近い表ソフトってことらしい。

大昔はわからないが、近代卓球界において、フォア粒高(変化系ラバー)のトップカットマンはおそらくいない。
つまり前例がないわけで、これがどれほど勇気が必要なチャレンジであるかというのがわかる。

ここで相馬選手の試合動画をご紹介。

(ジュニアサーキット香港大会・ジュニア女子シングルス 決勝トーナメント2回戦)

 

最初のフォア打ちの時に変化ラバーの方で打ってるから、相手が「まさかそっちがフォアなの!?」と一瞬驚きの表情を浮かべているところが面白いよね。

戦い方としては、あまり攻撃していくタイプではなく、変化で勝負するタイプのようだ。
たまに仕掛ける攻撃は反転して裏ソフトで打つのではなく、フォアの変化ラバーでそのままスマッシュしているというのも驚いた。スピードはあまりないけど相当返しづらいだろうね。

あと特徴的なのは、バック側にきたボールもフォアカットで返すことが多々あるということ。
裏ソフトでの返球を待っていた相手としては変化ボールが飛んできて焦っちゃうよね。

今後はやはりもっと攻撃力を上げていく必要があるとは思う。
変化ラバーのスマッシュをもっと積極的に打っていったり、反転してドライブするなど、攻撃のバリエーションが増えたら相当やっかいなカットマンになるんじゃないかね。

このような珍しい戦型の選手が日本代表入りするようなトッププレーヤーになったとしたら、と考えただけでワクワクしてしまう。

相馬選手の直近の大きな大会は全中である。
間違いなく優勝候補の1人だろう。
実に楽しみだね、ほんと。

 

12 件のコメント

  • 粒のスマッシュは相当厄介ですよー
    しのぐのがやっとでカウンターなんてしようもんならネットに刺さりますよ泣

    • シェーク裏裏野郎さん
      カウンターを打たれないというのは大きなメリットですよねー。
      中国選手もキリキリ舞いさせられるのではないかと思います。
      積極的にバンバン打っていけるかどうかがポイントですねw

  • 卓球王国で、差別化を図って周囲とは違うフォア変化系にした、と書かれていたのを見た覚えがあり自分も気になっていました。
    有名なカットマンでも特に強い球だと、反転して粒でフォアカットをする選手は多いですが、ほとんど粒でフォアカットする選手は初めて見ました。
    最近は戦型が「裏裏ドライブマン」に画一されてしまって、少々マンネリ気味なところが卓球界にはあると思います。
    相馬選手の様に常識を覆した戦型のプレイヤーが増えてくれる事が、卓球というスポーツの発展にも繋がると自分は考えます。

    • 卓球主義さん
      この強烈な個性は一度見たら気になりますよね。
      「差別化をはかる」この考え方は大事ですよねぇ。指導者も本人もかなり勇気がいることなので、決断したことに頭が下がります。

      戦型の多彩さが他のラケット競技との違いなので、おっしゃるようにいろんな戦型の出現に期待ですね。
      それと同時に、一般の人向けに、卓球の番組の中で戦型の種類について詳しく解説していくことが必要だと思いますw

  • 中学のころ日ペンにアンチ貼ってほぼ全球オールフォアで激遅ナックルスマッシュ打ってた彼は今何をしているのだろう…

    • Kさん
      素晴らしいトリッキーマンですねー。
      どこかで指導者になっていて、個性的な選手を育て上げていることを祈ります 笑

  • こういう特殊な戦型は上逹するのが難しいよ反面
    上手い人は本当に上手いですからね〜
    同じカットマンとしてもマイナーが好きな人間としても
    応援してます

    • しんこうしんこうさん
      どんな練習をすればいいのか手さぐり状態だけに、確かに上達するのは難しそうですよね~。
      私も個性派好きなのでめちゃくちゃ期待してしまいます。
      ともに応援していきましょう 笑

  • こういった独特のプレースタイルはカッコいいですよね!

    最近の若い子達は僕ら一般選手でもシェーク裏裏が多いですからねー。
    もっと個性を求めても良い気がします(笑)
    ベテランの方だとハンドソウやフォアに変化系表ソフトバックに粒高など変わったスタイルが多いのでやりにくいです( ̄▽ ̄;)

    • 永遠のペン表さん
      このカッチョ良さ、たまりませんよね!
      ベテランの個性派選手は一見弱そうなのに、試合をするとなぜか翻弄されていつの間にか負けてしまいます(笑)
      こういった選手に憧れる若い選手がじゃんじゃん出てきてほしいものですw

  • 粒高を使った変化速攻をやりたいと思って、ペン表に転向して、結局ペン表が面白くて10数年経った者です。
    個性派な戦型は憧れますねー。
    案外変な戦型のおっさんの方が試合で倒しにくかったりしますし。
    世界で戦えるところまで技術を高められるのはさすがというべきなのでしょうね。
    許したコーチもチャレンジャーですねw

    • つぐさん
      ペン表も今じゃすっかり個性派の仲間入りですね 笑
      私は裏面に粒高を貼ってみたいという欲求はあります。表粒速攻型はかなりいやらしい戦型で面白そうなんでw
      変な戦型のおじさんはほんとやりにくいですよね。ぜんぜん動いてないのにいつの間にか勝ってるっていう 笑
      個性的な戦型は中国トップ選手では出てきそうにないので、日本はチャンスだと思いますね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。