【P4マッチ】第1回 温泉卓球リーグに参戦

 

先週の月曜日に東村山の大会に参戦したばかりなんだけれど、1週間後の昨日、またちょっとした催しに参戦しまして。

今回参戦したのはP4マッチのイベントで、私のP4マッチ参戦は今回で2回目となる。

【前回のP4マッチ記事】
P4マッチに初参戦 ~YOYO TAKKYUにて、約20年ぶりの対決も実現~

P4マッチは卓球教室が主催しているイベントがほとんどなんだけれど、今回エントリーしたのは「第1回 温泉卓球リーグ」というイベントで、蒲田温泉卓球同好会という卓球クラブが主催という変わり種。

会場が「多目的施設の集会室」というのも珍しく、第1回ってこともあり、なんだが興味をそそられて参戦してみることにしたんである。
(あと、今後もし卓log会がP4マッチを利用して大会を主催するなんてときのための参考になるかもしれんのでね)

【概要】
開場 15:30
開始 16:00
終了 21:30
定員 15 名
6 試合予定
表彰 優勝者

して、当日。
高田馬場駅から歩いて10分ほどで会場の新宿区立 大久保スポーツプラザに到着。

さっそく集会室のある3階に行ってみるとロビーに受付の人がいて、P4マッチのサイトで受付ボタンをポチっと押したあと、参加費の1000円を支払う。
ほんで集会室に入ってみると4人ほどいて「こんにちは」と挨拶してくれた。

なんだかドキドキするなあって緊張しながら、知っている人と会わないかなと期待(初恋のあの子とばったりとか)していたんだけれど知った顔はおらず、もじもじしていると「打ちませんか」と蒲田温泉卓球の人が声をかけてくれた。

めちゃくちゃありがたいなあって身体のみならず心まで温まり、いい具合にアップできたころに試合開始となる(台は3台を使っての進行)。

https://twitter.com/KamataOnsen_TTC/status/1125336842075688960

 

私の初戦の相手は蒲田温泉卓球同好会のペン表(片面)の人であった。
ミートマン同士の対決は結果だけを言えば3-0で私が勝ったんだけれど、内容は9、9、10と大激戦のせりせりマッチで、のっけから激しいバトルとなった。

ひとつ審判をこなして、次の相手も蒲田温泉卓球の人だったんだけれど、げっさ強くて3-0で軽くビュッてひねり殺されちゃった。

ほんでまた審判をこなして、次のペン粒の人もまたまた蒲田温泉卓球の人で、この試合は0-2から奇跡的に逆転で勝利。

とここで食事タイムやってことで、集会室を出て薄暗いロビーの隅っこでランチパックを食していたところ、私のもとへ歩いて来る人があって、それは先ほど2試合目で私をコテンパンにした方で、はて、なんやろなと思っていると、
「あの」
「はい」
「間違ってたら申し訳ないんですが、ひょっとしてナルコさんですか?」
「はい、そうです」
「やっぱりそうでしたか。卓log会のユニフォームを来てたし、そうじゃないかなと思って」
「おお、そうでしたか」
「まさかこんなとこでお会いするとは」
「クラブチームが主催ってかなり珍しいんで面白そうだと思って参加したんですよ」
「ブログのネタにでもしてください」

この方は以前、一度だけツイッターで絡んだことがあった方だったんだけれど、こうして気づいてもらえるとは、ブログやってて良かったなあと思う瞬間である。

ちなみにこの方とはこの後も試合の合間に喋ったんだけれど、卓log会のこともよくご存じで「卓log会ってブロガー以外の人もけっこういますよね?」とか、キロさんやリンちゃんなどメンバーの名前も飛び出すなど、まさかこんなところで卓log会の話ができるなんてと嬉しくなってしまった。

さて、いつも通り微糖の缶コーヒーも飲んでエネルギィをチャージして、残り3 試合を頑張って戦ったわけだが、結果だけを記すと以下のような感じ。

●4試合目・蒲田温泉卓球同好会の人 0-3で負け
●5試合目・蒲田温泉卓球同好会の人 0-3で負け
●6試合目・個人参加の人 3-0で勝利

4時間にわたる激闘のすえ、終わってみれば3勝3敗で、そのほとんどが蒲田温泉卓球同好会の人との対戦だったんだけれど、いやほんまに、レベルが高いっすわ。

そうしてすべての試合が終了して、全員集合してから表彰タイムがあって、イベントは終わった。
「まだ時間があるので打ちたい人はどうぞ」ってことだったけど、ヘロヘロな私はこれでおしまいって着替えて帰ろうとしていたら、ある参加者(対戦はしていない)の人に話しかけられて、15分ほど喋ったんだけれどビックリ。

というのは偶然にも住んでいる区が同じで、さらにお互いTリーグを5試合観戦したが、そのうち4試合は同じ試合を観戦していたということがわかって「こんなにシンクロするなんて、ひょっとしたら私たちは幼き日に生き別れた赤の他人かもしれませんね」なんてことを言いながら盛り上がった。

とま、こんな感だったんだけれど、終始和気あいあいとした雰囲気で楽しいイベントであった。
ちなみに1試合目に戦ったペン表の方も気さくな方で、途中で話しかけてくれて楽しくお喋りたんだけれど、蒲田温泉卓球同好会の方たちはどなたも積極的に参加者とコミュニケーションを取っている感じで、このイベントは1人で参加した人でも気まずい思いをすることはなかろうと思った。

あと、P4マッチはだいたい4試合くらいが一般的なんだけれど、こちらは6試合もやれたんでお得感があった。
げっつう楽しかったんで、予定が合えばまた参加したいなあと思とります。

にしても、卓log会でもやりたいですわ、P4マッチ。
「思ってたより簡単にできましたね」「会場をおさえられるかどうかです」と蒲田温泉卓球の人も言っていたけれど、いちクラブチームでも無理なく主催できるっつうことがわかって、とても参考になりましたわ。
卓log会がやるなら会場は「キロさんの自宅」だな。
P4マッチ初の一般宅開催ってオモロだよね。
決まり。

【前回のP4マッチ記事】
P4マッチに初参戦 ~YOYO TAKKYUにて、約20年ぶりの対決も実現~

【先週の記事】
2年ぶりの個人戦出場 ~東京五輪の中国代表ホストタウン東村山にて~

10 件のコメント

  • いいっすね、キロ邸卓球大会。
    普通と違うサイズの卓球台で、実力差は全く当てにならず、床は畳敷きなので素足か靴下での参加となります。
    1m離れてリビングテーブルがあるので、すぐにアルコールも飲めますし、なんと驚くべき事はシャワールームどころか風呂までありんす。
    順番待ちは座椅子で待機。
    麦茶または麦酒くらいサービスしますので、是非やりましょう。
    張り切りすぎて畳がすり切れると妻が激怒するので、フットワークは大人しめにお願いします。

    • 貴絽さん
      最高にオモチロイやないですか!
      確実に話題になりますよ。
      夏限定でやるのがいいですね。
      麦酒を飲めば飲むほどレーティングポイントが上がるという特別ルールで。
      もちろん奥さんには餃子を焼いていただくことになります(娘さんはかき氷担当)。

      これは卓logリーグではなく「Bリーグ(ビールリーグ)」ですねw
      画期的です。絶対やりましょう。
      エントリーしてないおじさんが勝手にまじって飲み食いしてるなんていうリスクはありますが・・。

  • 初コメント失礼します。
    P4マッチには興味があって機会をうかがっているところですが、このイベントは楽しそうですね。
    これなら気軽に参加できそうです。
    自宅開催は実現したら絶対に参戦したいです。
    飲み過ぎて寝てしまいそうですが・・。

    • すしさん
      初コメありがとうございますっ。
      まさに気軽に参加できて楽しめるイベントなのでおすすめです。
      P4は初参加時に勇気がいるのでまずこういうイベントに行ってみるのはありかと思います。

      卓log自宅開催マッチにはぜひ起こしください~。
      審判も酔ってるので点数がむちゃくちゃになる可能性もありますが 笑

  • 大会の案内を見てるとP4をよく見ますが、楽しそうな大会だったんですねー。
    今度参加してみようかな。
    卓logマッチも開催成功したらお誘いください。
    主に酒を。
    酒を我に。

    • つぐさん
      おお、ぜひ参加してみてください。
      けっこう同じ人が参加しているようなので、顔見知りの人ができるとより楽しくなると思います。

      卓log大会もぜひご参加ください。
      自宅開催は無理でも、イベント終了後に宴会するみたいな流れにできたら最高ですね 笑
      浴びるほど打って
      浴びるほど飲む
      酒卓肉林

  • 卓log会主催の大会は参加費の代わりにドリンクとツマミじゃダメでしょうか?例えば切れのいい辛口の純米酒と鮭トバなど。
    いや、これでは現金払いより出費がかかってしまいますが(笑)。

    • てぐすさん
      参加費が酒とツマミ!
      なんて素敵なアイデアでしょう。
      そのチョイスのセンスによって点数がもらえるというシステムもいいですね。
      純米酒と鮭トバはグッドチョイスなんで3点さしあげます。
      あ、これだと点数ほしさにますますお金をかけてしまいそうですね(>_<)

  • ナルコさん、こんにちわ!P4マッチという言葉はよく耳にしますが、
    一体どんなモノなのかよく分かってない、つじまるです。
    卓log会を背負って、連戦を繰り広げていたとは!
    レベルが高い中でもシッカリ勝ち星を上げている所はさすがナルコさんだなぁ~と感服でございます。
    試合だけじゃなく交流も楽しめるなんて素晴らしいイベントですね~

    卓log会P4マッチ、場所は貴絽邸宅。
    む~こりゃ~興奮してピン球が揺れるくらい鼻息が荒くなりますな~
    ハリキリ過ぎて畳のヘリにつま先を引っ掛け、足首グネッて
    襖を破り倒し、卓log会から干される姿を想像しました。

    • つじまるさん
      卓log会を勝手に背負って孤軍奮闘中のわたくしめでございます!
      「卓林火山」の御幡をかかげ、まるで総大将と足軽を同時にやってるかのようにな気分で敵陣に突っ込んでおります(誰か援護に来てっ)。
      P4マッチはほんと誰でも気軽に参加できるのでおすすめですよ。

      卓log会P4マッチで張り切る兄さんの姿が目に浮かびますね~。
      このほろ酔い卓球大会が兄さんの大会デビューとなることを祈りたいです。
      襖を破り倒しても、風呂&トイレ掃除をすれば奥さんは許してくれるはずです 笑
      いやはや、夢が広がりますなぁ。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。