【激烈卓球ショッピング】ある蒸し暑い白昼の出来事

 

久しぶりに国際卓球高田馬場店でお買い物をしてきたんだけれど、そこで珍妙なやりとりがあったので書き記しておきたいと思う。

だいぶ誇張して書きますので、あしからず。

 

+++++++++++

(ナルコ、国際卓球に入る)

店員「いらっしゃいませ~」
ナ 「こんにちは」
店員「今日は何かお探しですか?」
ナ 「ええ、ちょっとラバーを」
店員「そうですか。ぜひチラ見していってください」
ナ 「がっつり見させてよ」
店員「ごゆっくりどうぞ」

ナ 「(ラバーを物色する)」

店員「どういうラバーをお探しですか?」
ナ 「もっとスピードの出るラバーがないかなぁと」
店員「お客様、戦型は?」
ナ 「ペン表です」
店員「ああ、ガラ戦ですね」
ナ 「がらせん?」
店員「ガラパゴス戦型」
ナ 「めちゃめちゃ失礼だな」
店員「表ソフトなら、これなんかどうですか。新作ラバーなんですけど」
ナ 「スピード系テンションか」
店員「かなり弾むラバーなんで、スマッシュやミート打ちは威力出ますよ」
ナ 「性能の数値ってどのくらい?」
店員「スピードが15でスピンがゼロです」
ナ 「極端だな。バランス悪すぎるだろ」
店員「香りは20です」
ナ 「それいらねえよ! ラケットからいい匂いしたって意味ねえだろ」

店員「じゃあ、これはどうですか。攻守のバランスに優れたラバーで使いやすいですよ」
ナ 「うーん、でも弾むラバーがいいんだよなあ」
店員「このラバー凄いんですよ」
ナ 「何が?」
店員「防水ラバーなんです」
ナ 「防水ラバー? なにそれ? どんなメリットがあるの」
店員「雨の日でも安心して公園で素振りができます」
ナ 「いらねえよそんなもん」
店員「でも、雨が降ってきたら素振りを中止しなきゃいけないなんて嫌じゃないですか」
ナ 「そもそも外で素振りなんてやらないから」
店員「そうなんですか?!」
ナ 「そりゃそうだろ。何をそんなに驚いてんだよ。もういいよ。やっぱり今使ってるインパーシャルにしとくわ」
店員「はい。ありがとうございます」
ナ 「いくら?」
店員「5400円ですけど、家族割が適用されたらだいぶ安くなります」
ナ 「家族割? そんなのあるの?」
店員「はい。お客様の場合は、家族全員がペン表なら適用されます」
ナ 「そんな珍しい家族いねえよ!」
店員「そうですか、残念です」
ナ 「割引きする気ねえだろ。もういいよ。はいお金」

店員「お客様、ラケットも見ていきませんか」
ナ 「いや、ラケットはいらない」
店員「当店はオリジナルラケットがウリなんですよ」
ナ 「オリジナルラケット?」
店員「はい」
ナ 「どんなのがあるの?」
店員「『甘栗むいちゃいました』ってあるじゃないですか」
ナ 「うん、よく食べてるよ」
店員「あれを発売しているクラシエフーズさんとのコラボ商品で『ラバー貼っときました』
ナ 「ただのラバー貼りラケットだろ! いらねえよそんなもん」
店員「じゃあこれはどうですか『補助剤塗っときました』
ナ 「違反だろ! 塗っちゃダメなんだよそれは!」
店員「けっこう売れてるんですよ」
ナ 「卓球界の闇を助長すな!」

ナ 「オリジナルはいらないから。どうせなら誰々モデル、みたいなラケットがいいんだけど。中ペンでそういうやつないの?」
店員「ありますよ」
ナ 「じゃあそれ見せて」
店員「これです。中条あやみモデル」
ナ 「誰それ?」
店員「CanCanの専属モデルです」
ナ 「ほんとのモデルかよ!」
店員「中条さんのこだわりが詰まったラケットです」
ナ 「グリップについてるフリフリが邪魔だな」
店員「かわいくないですか?」
ナ 「かわいいけど使いにくいわ。ほんとろくなもんがねえなこの店は。もういい。帰る」

店員「お客様!!」
ナ 「うるせえな! なんだよ」
店員「出版されたばかりの卓球本があるんですけど、いかがですか?」
ナ 「いらないって」
店員「強くなりたくないんですか? だったらこれを読まないと損しますよ! ねえ!」
ナ 「うるさいって。どんな本だよ」
店員「これです。元日本代表女子監督・近藤欽司さんの『ダジャレで強くなる卓球』
ナ 「いらねえよ!」
店員「酷評発売中です」
ナ 「絶賛発売中じゃなくて? ますますいらねえわ」

店員「そんなこと言わずに、お願いしますよぉ、ねえねえ~」
ナ 「おいふざけんなよ、何なんだよこの店は! いいかげんにしろよ!」
店員「お客様、間違ってたら大変申し訳ないのですが・・・怒ってます?」
ナ 「怒ってるに決まってんだろ! 喜んでるように見えんのかよ! あんたマジでいいかげんにしろよ!」
店員「すみません! すぐに下の者を呼んできます!」
ナ 「上の者を呼べよ! 下のやつ呼んで来たって意味ねえから!」
店員「下の者しかいないんです。わたし店長なんで」
ナ 「お前店長やったんかい!」

 

とまあ、国際卓球で店員さんとこんなやりとりがあったかというと、もちろんなかったわけで、普通に練習球を購入して、さっさと店を後にしたというのが実際の話である。

こうしてブログを書いていて、買い忘れたものがあることに気が付いた。

週末また行こう。

 

10 件のコメント

    • いんでぺさん
      ただふらっと立ち寄っただけなんです 笑
      何事もなく、ピン球だけを買って、ただ帰宅しただけw

    • ラケットマンさん
      自分がペン表じゃなかったら書けない言葉です 笑
      可能性のある戦型なんですけどねぇ。

    • 貴絽さん
      まっことです。
      細かいところにこだわってすごい時間がかかりました。
      好きなんでしょうねぇ・・。

    • HSさん
      ありがとうございますー。
      そう言って頂けると「またくだらないこを書こう」と励みになります 笑
      今後も暇潰しがてら覗きにきてくださいましw

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。