カウンタープッシュをするときの大事なポイントは「立ち位置」


相手のバックに送ったボールを相手が回り込んで自分のバック側に打って来たとします。

試合でやられたら非常に嫌な展開であるが、あなたはどのように返すことが多いでしょうか?

私が最もやっていたのは「ストレートへのプッシュ」です。

これ本当に効きます。相当なレベルの選手じゃないとノータッチで抜けることがほとんどです。

ペンの場合、ブロックのときの角度からそのまま押し出せばいいだけです。

このときに大事なのは、ただ腕を突き出すのではなく、「インパクトの瞬間に力を入れる」ことである。

相手の球が一発でぶち抜こうとするパワードライブなどであれば、「その力を利用して押す」という打法でもかまわないが、相手の球のスピードがそれほど速くない場合(ループドライブとか)は、 たとえガラ空きのフォアを狙うとしても、自分から力を加えて相当早いボールを送らなければ飛びついて返されてしまう可能性が高い。

プッシュって言うくらいだから押せばいいんでしょ、押せば。と考えるのは単純すぎるわけです。

この「力の入れ方」に関して私が思うコツみたいなものは次の機会に書くとして・・・

今回注目したいのは「立ち位置」です。

 

カウンタープッシュがうまくいかない選手の特徴のひとつに「台から離れ過ぎてしまっている」というのがあると思います(初・中級者レベルだと意外と多いという印象がある)。

ドライブマンは中陣メインで戦う場合も多く、ある程度台から距離を取って打ち合うので、条件反射のように台から離れてしまうこともあるのだろうが、カウンタープッシュは台からあまり距離を取らずに打球することがポイントだと思います。

台から離れてプッシュしても、相手は時間的な余裕ができるのでフォアを狙っても対応されやすくなるし、相手のボールの勢いを十分に利用できなくなってしまう。

 

そして「台からあまり離れない」ことにも通じるのであるが、もうひとつのポイントは「打球点の速さ」です。

できるだけ早く、頂点前をとらえる意識で打球するとよいのではないかと思います。

ライジングでとらえるのはリスキーに感じるかもしれませんが、カウンタープッシュに関しては早い打球点で打たなければ効果が半減しますからね。

とうことでまとめると

・台から離れ過ぎない
・早い打球点で打つ
・ストレートを狙う

これがカウンタープッシュをするときのコツなのではないかと思います。

 

ペン選手を想定して話を進めてきましたが、シェークのプッシュにも同じことが言えます。

上級者になるとシェークの選手でもプッシュを使います。
シェークのプッシュはペンプッシュよりも意外性があるので、相手を驚かせる効果は絶大です。
ぜひシェークの選手も取り組んでみてはどうでしょうか。

※逆にフォアのカウンターは台から距離を取った方がやりやすかったりもするんで、「台からの適切な距離」の問題はなかなか難しいもんがありますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。