ラバーの厚さと回転量 厚いのと薄いのではどちらがかかるのか ~ずっと信じていたことがどうやら間違っていたらしい~

 

私は現役時代からず~っと、「ラバーは薄い方が回転はかかる」と思っていた。

しかし先日、たまたま卓球界の有名な人が、動画上で「ラバーは厚い方が回転はかかる」とサラッと言っておって、え? マジで? と思ってしまった。
実際に極薄なんかでサービスをすると、特厚以上に回転がかかるという実感もあったし、薄ければ薄いほど回転力はアップすると信じ込んでいたんだけれど、どうやらそうではないと知って、私はしばし呆けてしまった。

テレビで偉い学者が「地球は三角です」とサラッと言ったとしたら、ショックで固まっちまうと思うが、私にはそれくらいのインパクトだったのである。
気を取り直してネットで検索をかけてみると、「厚い方が回転がかかるに決まっとるやんけ、どアホ」という声が非常に多い。
よく考えてみると私も、なぜ薄い方が回転はかかると思っていたのか、その理由が思い出せない。

けども、スピードや威力は厚いラバーの方が優れているというのは納得できるんだけれど、回転については何だか釈然とせず、またちょっと調べていると「サービスは薄い方がかかる」とか「サービスとツッツキは薄い方がかかり、ドライブなどは厚い方がかかる」という意見もあった。
なぜかっつうと、「サービスやツッツキは薄く当てる技術(インパクト弱め)で、ドライブは食い込ませる技術(インパクト強め)だから」ということ。
つまり、強いインパクトだと、ラバーが薄いと板に当たっちゃうので回転量が弱まるということ。

なぬ、つまり技術によって回転量に違いが出てくるということか。

同じようなことを言っている人はけっこういて、「ツッツキもそうだけど、カットも薄いラバーの方がかかる」と言う人もいる。
しかし、薄いラバーは弾まないので、思いっきりガツンと切ることができるので、結果、回転がかかるということなのでは?
つまり「薄いラバーの方がかかる」のではなく、「薄いラバーの方がかけやすい」だけなのではないか、それゆえ薄いラバーの方が回転がかけやすいと思いこんでしまっているだけなのでは、と。

てことはだよ、おばさん。もとい、奥さん。ドライブにおいても同じことは言えるわけで、薄いラバーは飛ばんので思いきってスイングできるから回転がかかる、つまり回転がかけやすいだけなのでは、とね。
あと重量のこともあって、薄い方が軽いのでスイングスピードが速くなるから、その分回転量は上がるってこと。つまり、厚いラバーの方が回転がかかるのだとしたら、パワーがあって重たいラケットでも速いスイングができるのであれば、薄いラバーより厚いラバーを貼った方がいい(回転量に関しては)ってことになる。

何だかややこしくなってきやがった。
つまりだね、あぁた(あなた)、

1.ラバーは薄ければ薄いほど回転はかかる
2.ラバーは厚ければ厚いほど回転はかかる
3.技術によって違ってくる(サービスやツッツキは薄い方がかかるが、ドライブは厚い方がかかる)
4.回転のかけ方の問題で、同じドライブやカットでも、擦るドライブ(カット)は薄いラバーの方がかかるが、食い込ませるドライブ(カット)は厚いラバーの方がかかる
5.とにかく信じることが大事。薄い方がかかると思うならそのように自分に暗示をかけるべし。信じていればそれが真実となる。「病は気から」と言うではないか。

5は論外だとしても、いろいろな可能性はあるようである。
私の用具に関する知識は極薄なんで、これ以上考えも答えは出ない。まあでも、多くの人が言うように、厚ければ厚いほど回転はかかるってことなんだろうね。技術やかけ方によって違ってくるというのは、うーん、そんなことってあるんかいな・・・と疑わしく思う気持ちが強い。とりあえずはそんな感じ。

私のように「薄い方が回転はかかる」と思っている人もけっこういるんじゃないかと思うんだけれど、実際どうなんだろうか。
とにかく正解は何なのか、気になって仕方がないので、これから時間をかけて、ショップの人や卓球仲間に聞き込みを行ってみたいとは思う。

いないと思うけど、もし「ラバーの厚さによる回転量の違いを研究する会」なんてのに入っている人がいるとしたら、正解を教えてください。よろしくどうぞ。

 

6 件のコメント

  • 擦る技術の場合→Max値は同等、ただしMaxを出しやすいのは薄いラバー
    食い込ませる技術の場合→厚ければ厚いほどMax値及び掛けられるインパクトの許容範囲が大きい(回転量はインパクトの強さに比例、ただし許容範囲を超えると板で弾いてしまい掛からない)
    以上が僕の認識です。

    • Kさん
      な、なるほど~。
      擦る技術と食い込ませる技術で、Max値や「出しやすさ」が違ってくるわけですね。
      インパクトの許容範囲というのはわかりやすい視点ですね。
      やはり食い込ませるドライブの場合は、厚いラバーで強インパクトするのがエグい回転を生み出しやすいってことなんでしょうかね。
      非常に参考になりました。

  • 私は逆の発想で回転が掛けにくい(ナックルが出しやすい)のは薄いラバーだと思っていました。
    強打すれば板で弾いて回転が掛かる前に飛んでいくので。
    ラバーが厚いと食い込んで回転が残りやすいです。
    ペン表だとこの辺り、結構気にします。
    ただペン表でもトッププレーヤーはみんな特厚なんですよね。
    やはりナックルよりも威力重視なんでしょうか。
    私なんかだと中~厚くらいが一番使いやすいように感じます。
    ペン表はラバーの厚さ選びが難しいです。

    • ベーゴマさん
      ペン表視点からのコメント、ありがとうございます。
      回転量ではなく「ナックルが出しやすい」という視点で考えたことがなかったので、目からウロコでした。
      私は昔から特厚オンリーで、弾みを重視してきましたが、中などにするとナックルが出しやすい、つまりより表らしいプレーができるということですね。
      草の根ペン表プレーヤーに中や厚が多い理由はこれもあったのか(納得)
      トップ選手は自分でナックルを出す技術力があるので、ラバーは弾み重視なのでしょうね。

      ペン表という視点で考えるとまた違った発見があって面白いですね(中の表を試したくなってきました 笑)。
      非常に考えさせられました。ありがとうございます。

  • 初コメです。
    私も薄いラバーの方が回転はかかると思っていました・・・。
    なぜそう思ったのか私も思い出せません(笑)

    スポンジの硬度によっても違ってくるのか?なんてことまで考えてたら、もうほんとにややこしいですね。
    さっぱりです。

    • びすさん
      初コメありがとうございます。
      なにかと私と同じですね 笑

      スポンジの硬い柔らかい、あるいは粘着なのかテンション系なのか、いろんな要素によってどのように回転力が違ってくるのか。
      興味はありますが、考えるとキリがないですねぇ。
      ムズ過ぎて、さっぱりわやです 笑

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。