『世界最強 中国卓球の秘密』 監修:偉関晴光 その2

 

偉関晴光さんの書籍紹介の続きです。

前回の記事はコチラから
元中国代表であった偉関さんは、中国卓球に精通している。
と同時に、日本で選手として指導者としての長い経験もあり、日本の卓球にも詳しい人である。

2つの国の卓球を知り尽くした偉関さんの書いた本書には、中国卓球と日本卓球の違いについての指摘が多くある。

例えばフットワークについて、本書では次のように指摘している。

 昔からフットワークが良いと言われてきた日本卓球だが、現在の多くの日本選手には2つの弱点がある。それは「前後」と「ランダム」である。
日本の選手は横方向へのフットワークに関しては、非常に良い動きをするが、それに比べると前後の動きは対応力が低い。その理由は、単純に前後のフットワークの練習量が足りないからだと思われる。
日本の選手のフットワーク練習は横方向のものが多い。しかし、中国では前後フットワークに非常に多くの時間を費やす。特に台上技術からのフットワーク練習は、実戦でも多く見られる展開なので、その重要度は高い。
台上からの展開や、前陣・中陣の切り替えなど、日本の選手はもっと前後のフットワーク練習をして、全面的な強さを身につけることが大切だろう。また、前後のフットワーク練習といっても、単純な規則的な動きではなく、台上技術から下がって強打したり、中陣から前へ飛び込んで強打する訓練を多球練習で行うのが良い。(後略)
(第5章 フットワーク 108~109頁から抜粋)

確かに、私も現役時代にいろいろなチームの練習に参加したが、前後のフットワーク練習というのは、あまりやっているところを見たことがない。

中国選手の驚異的なフットワークは、前後左右に動く全面的な強さを徹底的に鍛えているからできるものなのですね。
そう言えば、金択洙や柳承敏といった、中国選手と対等に渡り合える韓国の超人選手も、前後左右に動きまくるえげつないフットワークの持ち主だ。

日本人選手なら水谷が前後の動きを得意としている印象があるが、やはり前後のフットワークの強化は超一流への必須条件なのだろう。
そして中国卓球は、練習のやり方も違えば、卓球に対する考え方にも独自のものがある。

そのひとつに、「百花斉放」という思想がある。

中国卓球的視点⑦

一人ひとりの個性とスタイルを重視する
百花斉放という思想

選手のクセを直すのは時間がかかるし、大変なことだ。中国でも、選手の打ち方のクセを直すために、手を縛ったりすることもあるが、そういうケースはほとんどがうまくいかない。
最初の段階でひとつの技術だけを練習するのではなく、なるべく全面的な練習をすることでクセはなくなる。そうすれば、グリップ(握り)や打ち方というのはクセではなくその選手の個性になる。フォームだけ見たら、日本選手の方がきれいかもしれない。中国選手は一人ひとりがバラバラのフォームだが、実践的なフォームになっている。選手は一人ひとりが筋力や骨格も違うのだから、フォームが一人ひとりが違うのは当たり前で、それが個性だ。中国で強制的にフォームを直すのは本当に珍しいことだ。(中略)
今でこそ、中国はシェークハンド攻撃型が主流となっているが、もともと中国には「百花斉放」という思想があり、いろいろな個性的なスタイルを尊重する考え方がある。
これはもともと1956年に中国共産党の毛沢東主席が提唱した思想で、様々な思想や理念を尊重し、開花させるという意味で、そのまま卓球に置き換えられた。その基本的な思想は今でも変わっていない。昔はチームに必ず表ソフトのペンホルダー選手を入れるという規則があったが、今でも一部の大会で、チームにペンホルダーをエントリーするという規則は生きている。
ひとつの型ではなく、様々なプレースタイルがあっていいという考え方は中国卓球の特徴でもある。一見、同じようなスタイルに見えても、実は一人ひとりが個性的なのが中国選手だ。(中略)
以前よりも、カットマンやペンホルダーの選手が減り、シェーク攻撃型が多くなっているとは言え、プレースタイルの根本には百花斉放という思想が息づいている。
(第6章 フォアとバックの切り替え 130頁から抜粋)

かつては、日本が卓球をお家芸としていた時代があり、中国はそんな卓球王国日本を徹底的に研究し、様々なことを学びながら追い駆けていた。
けれど今は、中国が圧倒的な卓球大国であり、日本は「打倒中国」のスローガンを掲げ、その背中を追っている。

今の日本代表の選手は世界でもトップレベルではあるが、やはり中国にはまだまだ及ばないのが現実である。
ジュニア世代では日本と中国のレベルの差はあまりない。
ジュニアの世界チャンピオンも日本から誕生することもある(団体も個人も)。

しかし数年経ってみると、あらやっぱり世界チャンピオンは中国人、となっている。
なぜそうなってしまうのか。
それは卓球に対する考え方や取り組み方が根本的に違うからではないだろうか。

卓球哲学・思想、練習のやり方など、中国との違いは多くあり、それがレベルの差となって表れている。
そうであるならば、それはトップ選手や代表監督だけの問題ではないだろう。
小学生選手・中学生選手や、その世代を指導する人たちも考えなければいけないことだ。

中国をただひたすら真似すればいいというわけではもちろんない。
かつての中国が日本卓球を研究して大国へとのし上がったように、中国卓球を学び、そこからまた新たな日本の卓球を生み出せばいいと思う。

そのためにはまず、中国卓球を知ることが必要だ。

そこで読んでもらいたいのが本書なのである。
本書は中国卓球を理解するために最適な一冊で、本当にお勧めです!

 

以前、中国の張継科に憧れて背中に大きなタトゥーを入れたという卓球選手に会ったことがあるが、中国卓球を学ぶということは決してそういうことではないので、学生選手の皆さんはくれぐれも影響の受け方を間違えないように!

※張継科は腕と背中にタトゥーが入っている

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。