個性派&技巧派、M.カールソンの卓球

 

ブログ移転作業中はまったく試合動画が観られなかったが、やっと気になっていた試合をチェックできた。

それはスウェーデンのM.カールソンの試合。

カールソンは、先日行われたスウェーデン・オープンにて、3回戦で丹羽孝希選手、準決勝でオフチャロフ(ドイツ)を下して決勝進出。

決勝では日本の大島裕哉選手に敗れたが、準優勝はお見事である。

カールソンはヨーロッパ選手、しかも男子選手としては珍しい「フォア表」という戦型。
これまでじっくりとカールソンの試合を観たことはなかったが、いや実に興味深いプレースタイルである。

丹羽孝希vs M.カールソン

大島裕哉vs M.カールソン

 

カールソンの基本的なプレースタイルは、
・サービスは反転して裏ソフトで出す
・フォアハンドはミート打ち
・バックハンドはドライブ

てな具合なんだけれど、まず動画を観て思うのは、「台上がうまい」ということ。

チキータはたま~にしか使わず、ほとんどストップで対応している。
相手がダブルストップで返してきたらそれをまたストップ。

厚切りジェイソン氏なら「ストップオブザイヤーあげるよ! まあそんな賞ないけどな!」と言いそうなほどのストップマスターである。

そして台上で浮いたボールに対してはフリックで弾く(強めに弾いたり流し気味に打ったり)。

この台上の細かい技術のうまさがカールソンの強さの大きなポイントなんだろうと思う。

そしてバックハンドは基本的にドライブなんだけれど、時おり見せる弾くバックハンドがこれまた効果的なんだよね。
同じスウェーデンの先輩・パーソン(91年世界王者)を彷彿とさせるんだけれど、これもまた他の選手はあまり使わない技術だ。

このバックドライブと表ソフトのミート打ちを織り交ぜた攻撃は球質の差が激しいから相手としては非常にやりにくい。
丹羽選手もこれにガッツリ翻弄されてしまっていたよね……。

 

そしてカールソンはかなり上背があると思われるが、普通であればその体格を生かして両ハンドドライブのパワープレイヤーとなっているところであるのに、表ソフトを使っているところに強いこだわりを感じる。
周りの人間もゴリゴリの両ハンドドライブマンになることを期待したと思うが、そこを「俺はフォア表でいく」と宣言することは、かなり勇気のいったことだったのではないだろうか、

ひょっとすると父親から「せっかく恵まれた体格に生んでやったのに、フォア表にするなら今すぐウチを出て行け!」と勘当された過去があるかもしれない。

フォア表といい、弾くバックハンドといい、似たようなプレースタイルが多いヨーロッパ卓球界の中で個性を光らせるM.カールソン。

親から勘当されてまで(勝手な推察だが)自分のこだわりスタイルを貫くカールソンの姿勢は、多くの選手が見習わなければいけないのではないだろうか。

パワーとスピードで勝負するフォア表の男子選手が日本にも登場することを期待したい。
体格に恵まれ、みなぎるパワーがあったとしても、ドライブマンになることだけが生きる道ではないのだから。

 

 

2 件のコメント

  • おお、まさに今自分が中ペンで目指しているプレーそのものじゃないですか!
    カールソン、名前は知ってましたがこんな面白いプレーヤーでしたか。
    参考にさせてもらいます。
    バックに来た玉は裏面ループドライブで浮かせてフォアハンドスマッシュで決めたいのです。
    卓球娘のあがりちゃんとはちょうど真逆のプレーをしたいのです。

    • つぐさん
      ほんと面白いプレーですよねぇ。
      コンパクトなスイングなんだけれど、スイングスピードが速くてめっちゃパワフルです。
      裏面ループでフォアハンドスマッシュ、私も是が非でもマスターしたいプレーですね。
      灼熱の中ペンおじさんの目指すべき理想のスタイルです(笑)。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。