回転系なのにスピード系?!「スピネイト」の魅力とは

 

え~、さてさて、懲りずにまたやってまいりました「私にぴったりのラケットとラバーを探しにイッテQ」のコーナー。(そんなタイトルだったっけ?)。

今回、検討するラバーは、ヤサカのテンション系表ソフトラバー「スピネイト」です。


スピネイト
スピン性能にも優れた横目の

バランス重視型テンション系表ソフト

(画像元→http://www.yasakajp.com/items/spinate/


名前からして「回転かけまっせ!」といった雰囲気がビンビンに伝わってくるラバーなので、回転系よりスピード系が好きな私は、第一印象では「これは違うな」と思った。

しかーし、どうやらこのラバー、回転のかけやすさはもちろんのこと、ミート打ちもやりやすく、スピードも出るという優れものらしいのだ。

 

 粒の直径が大きく、目が詰まっており、配列がヨコ目と、どこからどう見ても「回転系」の設計。しかし編集部で実際に打ってみたところ、予想していたほど極端な回転系ではないように感じられた。表ソフトらしい球離れの良さがあり、スピードが出る。もちろんドライブも容易だが、スマッシュや角度打ちなど、いて打つことでかなり威力を発揮した。一方で、サービスや台上など、ではシート表面の力が発揮され、しっかり回転をかけられた。回転とスピードのバランスのとれた攻撃的なラバーで、変化サービスから大胆なスマッシュ攻撃に結びつける選手に向きそうだ。

卓球王国WEB 卓球用具レビューより)

名前や粒の形状からのイメージほど回転系というわけではなく、「弾いて打つ」という技術にも向いているようだ。試打動画でも「ミート時のスピードが1番のメリットで、かなり得点力が高いラバー」だと言っている。



そして、2015年3月号の卓球王国の中で「四大ライバル用具対決 Vol.4 回転系テンション表ソフト」という特集があったのだが、これは、人気の回転系テンション表ソフト4枚を比較し、各々の特徴を検証するという企画で、川口陽陽選手(YOYO TAKKYU・片面ペン表)と大坂亮輔選手(中央大・シェークでバック表)の両選手が試打をして細かく分析している。

4枚のラバーを試したあと、両選手が「プラで自分が使うとしたら?」という視点で1枚を選んだのであるが、2人が選んだラバーが「スピネイト」だった。

大坂選手のコメント

軽くショートしてもしっかり飛びます。台上技術ではかなり回転がかかるので、相手の回転に合わせてレシーブしている人には難しいですね。逆に自分から切っていける人には良いと思います。このラバーはプラでもボールが落ちにくい。落ちたとしても理解できる落ち方なので、修正できると思います。

 

川口選手のコメント

テンション系の中でも、少し硬いラバーですね。打った時に食い込んでいる感覚は少なく、すぐにパチンと弾いて飛んでいく。滑る感覚がないので、自分の思い通りのストップやフリックができたのが良かった。回転力も結構ありますね。ナックルはブロックでは出にくいですが、上から叩いて打てば出ました。

 

回転系表ソフトはドライブやツッツキなどの技術で回転をかけやすいが、ナックルが出しにくいというデメリットがあるが、スピネイトはナックルも割と出しやすいようである。
コントロールにも優れ、バランスの非常に良いラバーのようなので、おそらく使いやすいのだろうと思う。

しかもとってもリーズナブルなのもいいですね。
間違いなくラバー候補ですな。


がしかし、同じくヤサカのテンション系表ソフトの「エクステンドPO」も非常に気になっております。

エクステンドPO
球離れの良さと変化ボールに加えてSTSにより

スピン性能もアップさせたテンション系表ソフト


高い反発力と球離れの良さで抜群のスピードスマッシュを誇ります。ブロック時は変化ボールも出やすく、STS (spin tension system)により回転性能も増強。スマッシュとドライブを駆使する攻撃的速攻型に最適なラバーです。
(引用→http://www.yasakajp.com/items/xtend_po/

いろんな人のレビューを見ると、回転系とは思えないくらい「バンバンスマッシュを打っていく選手に向いている」という意見が多数ある。
ドライブもスマッシュもいけるラバーのようだ。

スピネイトよりは回転とコントロールの性能は落ちるが、スピード性能が抜群で、一般的なスピード系ラバーよりも回転がかかるとなれば、私が求めるラバーの条件にピッタリである。
スピネイトよりこっちの方が私には合っているかも。

ということで、スピネイト&エクステンドPOの2つを、ラバー候補に加えたいと思います。

本日は以上です。

【追記・レビュー】
スペクトルレッドとブルーを使った感想

【関連記事】

ベストギア・オブ・ザ・イヤー受賞の表ソフト「ビュートリー」

4 件のコメント

  • ヤサカさんに昔からあるオリジナルTバージョンがスピード系でありながら、回転系っぽさもある、ペン表に嬉しいラバーですが、同社のスピネイトやエクステンドPOも中間を取ったような良さがあるラバーですね。
    同じく中間を取った、ペンに向くライバルとして、ビュートリー、ブースターHPなどと迷うところです。

  • ワイハさん
    ヤサカは中間系表ソフトがウリなんですねぇ。
    ビュートリーやブースターHP、魅力ある表ソフトは中間を取ったラバーがけっこう多いんですね。
    ほんと迷います^^

  • 私はガレイデアリボルバーのフォアに普通はヘキサーピッブスフォースを横目で貼ってますが、もう1本のガレイデアにスピネイトを貼って、調子が悪くなるとこちらを使います。スピネイトって確かに陽陽さんが言うように弾き易いですが、全ての特性にバランス取れてるので基本に立ち返りたいような時には救われたような気分になります。

    • はりいさん
      ラケット2本持ち羨ましいですw
      私ももう1本所有して使い分けたいですが…。
      スピネイトも使ってみたいですが、ラバーをなかなか貼り替えないので試すチャンスがありません。
      バランスがいいラバーは表ソフトとしては有難いラバーですね。
      早く試してみたいものです^^;

  • はりい にコメントする コメントをキャンセル

    メールアドレスが公開されることはありません。