【思いつき】特殊な体質はビジネスチャンス!?

 

懇意にしている同業の後輩がいて、定期的にプチ温泉旅行に出かけているんだけれど、どういうわけか毎回「晴れる」のである。

たとえ前日まで大雨が降り続いていても旅行当日は不思議と晴れ、接近している台風があってもうまい具合に逸れていったりなんかして、とにかくほぼ確実に天気良好となっちゃうのである。

後輩からは「〇〇さんは相当な晴れ男っすね」と言われたんだけれど、言われてみれば思い当たるふしがある。
何かのイベントごとがある時は、私がいると見事に晴れやがるのである。

そう言えば昨年の夏に私が主催した卓log会のビアガーデン企画においてもそうだった。
その日は朝から雨で、天気予報を確認すると一日中ずっと雨となっていたが、私は「自分がいれば大丈夫だろう」と、強行開催してみたら、ビアガーデン直前になってピタリと雨が止んだのである。

そしてつい最近も似たようなことが何度かあって、私は自分が稀代の晴れ男であることを確信した。
(ただ、大会や普段の練習となると雨が降ることもあるので、あくまで私の晴れ男能力はレジャー的なイベントにおいてのみ発揮されるようである)。

ほんでこの素敵な能力、何かに活かせないかなあと考えていたところ、画期的なビジネスを思いついた。

そりは、「晴れ男派遣業」である。
文字通り、晴れ男を派遣するビジネスで、雨に降られては困るというイベントごとの当日、現場に晴れ男を送り込み、良いお天気にしちゃう、というサービス。

もちろん毎度必ず晴れるという保証はないので、もし雨が降った場合、お代は交通費のみ頂くとか、どしゃ降りの予報が小雨になったら半額、とか、料金は結果に応じて細かく設定する感じ。

で、どうせビジネスをやるなら、卓球人のお役に立つことをやりたいと思うのだけれど、このビジネスであれば、卓球の合宿、企業やメーカーの卓球イベント、卓球チームのお花見やバーベキューなど、卓球人が晴れてほしい場面でも利用してもらえるので喜んでもらえるだろう。

もちろん一般的にも、冠婚葬祭、大事なデートやキャンプなど、あらゆるケースで需要がありそうだから、儲かること間違いなしである。

私だけでは人数が足らないので、あと何人かは優秀な晴れ男をスカウトする必要はあるが、メンバーがそろい次第、さっそくこのビジネスを立ち上げるつもりなので、どうかこのアイデアはパクらぬようお願い申し上げる。

ただ、ひとつ心配事がある。
無事にビジネスを立ち上げたとして、当然、関係者を招いて会社設立パーティーを盛大に行うわけであるが、その会場には私がいて、スカウトした優秀な晴れ男たちも全員そろっているわけで、そんな状況でもしその日が雨だった場合には、瞬時に信用を失い、最悪の船出となってしまう・・。
そこを乗り越えたとしても、社員旅行、社内運動会、創立〇周年記念イベントなど、社内行事のたびに周りから「今回は降るのか晴れるのか」と注目されるのかと思うと、実に胃が痛くなる商売だなあ、と思う。前途多難。

 

【おまけ・近況】
卓log会メンバーでラジオをやっている人が何人かいて、私も以前からラジオっぽいことはやってみたいなあなんて思っていたのだけれど、ひょんなことから、動画配信デビューが決まった。
とは言っても、卓球がらみではなく本職のほうである。

いま最も勢いのある動画配信サービスがあって、それをある芸人さん(わりと有名な人)に「これがいまグングン来てますよ」と紹介したところ、いつの間にか話が大きくなって、その芸人さんの所属する大手事務所を巻き込み、最終的に「じゃあ事務所まるごと参入しましょう」となった(たぶんお笑い業界では初の試み)。

で、まずはその芸人さんがテレビとラジオの中間的なテイストの配信をやる(毎週)ってことになって、そのお喋りパートナーとして私が指名されたというわけである。
あくまで私はサポート役なんでメインで喋るわけではないが、顔と名前をさらして全国に生配信されるわけだから、ちょっぴり緊張しちゃうってもんである。

そんなわけでその生配信を毎週渋谷にある高層ビルヂングの一室からお送りすることになったんだけれど、この配信でコツを掴んだら、自分でやる卓球ラジオにもそのノウハウが反映できるかもしれない。
なんてことも含めて、まあ、いろいろと楽しみです。

4 件のコメント

  • ブログ読者としてはナルコさんが立ち上げるその会社に入りたいと思うのですが、自分は雨男なんで無理ですね・・・。
    非常に残念です・・。

    • ラケットマンさん
      いや、事業が軌道に乗ってきたら「雨男派遣サービス」も立ち上げますよ!
      大会当日に雨を降らせてライバルの表ソフト選手の調子を出させない、みたいな感じで需要がありそうですから 笑

  • ナルコさん、こんにちは。
    いつも楽しく読ませてもらっています。
    僕は雨男なのでナルコさんが羨ましいです。
    部活嫌いだった中学生時代、散々雨乞いをして雨を降らせてもらった借りがあるので仕方がないですけど。
    でもそろそろ解放して欲しいです。

    • ぴゅんぴゅん丸さん
      いつも読んでいただきありがとうございます~。
      なんと、学生時代に「晴れのパワー」を使ってしまったツケが大人になってから回って来たんですね!

      借金と同じでいずれ返し終われば雨男を卒業できるかもしれませんので、その日まで頑張ってください。
      もしずっと雨男のままだったら、私が雨男派遣サービスをやるので応募してくださいませ 笑

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。