回転力重視の裏ソフトラバーを探せ


自分に合う用具を求めてさすらっている私ですが、散々考えて、ようやくラケットと表ソフトは決まりました。

そして次は、裏面に貼る裏ソフトラバーを探しております。

 

とりあえず裏面の役割としては、ガンガン攻撃するわけではなく、主にチキータやサービス、ツッツキをドライブするのに使いたいと思っている。


なので、重視するのは「回転力」です。

そしてできるだけ軽くしたいので厚さは「中」を考えている。

で、どのラバーにするか……ですが、
正直、私は裏ソフトに関しては……まったくわかりません!


私がまともに使ったことがある裏ソフトは、現役時代に使ったスレイバーだけなもんで(2ヵ月間だけ表から裏に浮気した)。

ということで、適当に回転力のあるラバーをピックアップして、そのなかから直感で選ぼうと思います。

では、候補をずらっと並べてみたいと思います。

 

回転力重視の裏ソフトラバー(順不同)


・スピンアート (6,000+税/バタフライ)


バタフライ(Butterfly) スピンアート

「スピン」が付いているくらいだから回転力があるんでしょ? という恐ろしく単純な理由でノミネート。

バタフライ初の粘着性ハイテンションラバーということで、回転力だけでなく破壊力も併せ持っているという。
福原愛選手が使用しているラバーだそうです。

 

・フライアットスピン (¥3,800+税/ニッタク)
ドライブやチキータなどの回転系技術で勝負したい選手におすすめとのこと。
ツッツキやサービスなどの細かい技術もやりやすいようです。

(特厚・厚・中)

 

・ラクザ 7 ソフト (5,000円+税/ヤサカ)

 

スピン性能に優れた「ラクザ7」のトップシートにソフトスポンジを採用し、回転のかけやすさと安定性がアップしたラバー。
重量も軽くて、打球音が心地良い(高い打球音)とのこと。
(特厚・厚・中厚)


・ラザントパワーグリップ (¥5500+税/アンドロ)


andro 卓球 ラバー 回転テンション系 裏ソフトラバー ラザントグリップ

回転テンション系のドイツ製ラバー。
常識を覆す新たな性能が凄烈なスピンを生み出すという。
グリーンスポンジというのも素敵。
(1.7/1.9/2.1mm)


・テナジー05 (オープン価格/バタフライ)


TAMASU(タマス) 卓球ラバー テナジー・05

テナジーシリーズの中で最も回転力が優れているとのことで、エントリー。
(特厚・厚・中)

 

・ファスターク G-1 (¥6,000+税)

石川佳純選手や伊藤美誠選手が使用しています。
ファスタークシリーズの中では最も回転のかかるラバー。
(特厚・厚・中)

 

・翔龍 (4,500円+税/ヤサカ)

最近あちこちから評判が聞こえてくる、NEWタイプのテンション系粘着ラバー。
粘着にしてはかなり弾むようです。
(特厚・厚)

 

・キョウヒョウ プロ2 (¥4,500+税/ニッタク)

 

キョウヒョウⅡのプロ仕様バージョン。
粘着性ラバー初心者にはハードルが高いラバーなのかもしれないけど、やっぱり惹かれますね。
(特厚・厚・中厚)

 

・ソウキ キョウヒョウ2 (¥4,100+税/ニッタク)

 

キョウヒョウネオは特厚しかなく、キョウヒョウプロは中厚からなので、軽くしたい私としては薄と中があるので、キョウヒョウシリーズならこれかなという気がします。
粘着ラバーはただでさえ重いですしね。
(特厚・厚・中・薄)

 

・タキファイアC (3,900+税/バタフライ)

 

元世界チャンピオンの張怡寧選手が使用していた高粘着ラバー。
強烈なスピン、そしてボールを掴む感覚を生かした前陣でのカウンターや、硬めの高弾性スポンジを生かしたパワープレーにも威力を発揮するラバーとのこと。
(特厚・厚・中・薄)

 

・タキネス・CHOPII (3,200+税/バタフライ)

 

卓球王国のゆうさんが、裏面に貼る最初のラバーとしておすすめしていた。
切れ味はもちろんのこと、攻撃力も魅力の粘着性ラバー。
カット用ラバーを裏面に貼るのは非常に面白いと思いますね。
(厚・中・薄・極薄)

 

・モリスト DF (¥4,400+税/ニッタク)

(ニッタク)Nittaku 卓球 ラバー モリストDF

こちらはテンション系のカット用ラバー。
攻撃にもコントロールの良さを発揮するラバーとのことで、裏面に貼ったら面白そうな気がします。
(厚・中・薄)

 

・エボリューションMX-S (6,000 + 税/ティバー)

プラスチックボール専用ラバーとして開発されたスピンテンション系裏ソフトラバー (ドイツ製)。

エボリューションシリーズ最高の、驚異のグリップ力と回転量だそうです。
シートとスポンジがハードで、前陣でのプレーに最適とのこと(カウンターもやりやすい)。
(1.7/1.9/2.1mm)

 

・ジーニアス+オプティマムサウンド (5,800 + 税/ティバー)

回転系ハイテンションラバー(ドイツ製)。

サウンド・スピン・スピード・コントロール・軽さの5拍子が揃っているという贅沢なラバー。
厚さは1.8mm以下はないけど、回転系テンションラバーのネックである重さを克服しているので、その厚さでもいいかもしれない。
打球音もかなり爽快のようです。 

(1.8/2.0/max)

 

ほかにもたくさんあるのはわかってるけど、きりがないのでこのへんで。

しかし裏ソフトって種類が多すぎてパニックになるね。

卓球界のさかなクンになるには相当勉強が必要ですね……。

あんまり悩みたくないので、この中からさっさと決めます。

 

【関連記事】
軽さ重視の裏ソフトラバーを探せ

 

4 件のコメント

  • 特に強い回転がかかるのはスピンアート、ラザントPG、テナジー05、キョウヒョウ系でしょう。しかしこれらはどれもかなり重く、力も必要になります。
    フライアットスピンはバランス型で、そこそこの回転。使いやすいです。
    モリストDFは回転力はまずまずですが、軽くて柔らかく回転をかけやすいです。
    タキネスチョップ2は硬めでそこそこかかる割りに軽いので確かに楽です。タキファイアCになると少し回転量と重量アップ。

    タキファイアCソフトは軽くてかなり回転かかりますが、一方でかなり飛びません。
    TSPのT-REXも、タキファイアCソフトのように軽くてかかるのでオススメです(飛びません)

    • ワイハさん
      情報提供ありがとうございます!
      非常に参考になります。
      「重さ」と「回転」どちらを重視するか迷いますが、特に強い回転がかかるラバーとしてあげてもらった中から絞り込もうかなと思いました。
      そのなかで「中」の厚さがあるものを選ぼうかなと。
      タキファイアCソフトにも惹かれますが(笑)
      T-REX、さっそく調べみます!

  • 自分的におすすめしたいのはv>01の1.8ですかね。ラクザ7、ヴェガプロでどんなにループをかけてもビクともしなかった後輩に唯一ミスをさせられたのがv>01でした。打球感も回転をかけているのがよく伝わってきて素晴らしいラバーです。

    • アバシさん
      情報ありがとうございます!
      さっそ「く>01」調べてみました。めっちゃ良いラバーですね。
      「パワーとバランスのモンスターラバー」これは惹かれます。
      回転もさることながら、威力も抜群というのが素敵です。
      候補に加えたいと思います。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。